3日目
平成20年10月26日

大阪  最高気温 18.4℃  最低気温 15.6℃ 雨後曇り 

カウンター

(丸浅旅館〜河内長野〜四番札所)
四番札所 槇尾山 施福寺
(槇尾寺)

御朱印
7時にお世話になった旅館を出ました。 向かいの大神宮様には天皇陛下御即位二十年を祝う垂れ幕が掲げられていました。
駅前通りを歩いてJR粉河駅へ向かいました。
7時15分にJR粉河駅に着き、橋本駅でJRから南海高野線に乗り換え8時10分の電車に乗りました。
8時33分に河内長野駅に着きましたが、残念なことにバスは出た後でした。
                        9時16分のバスまで待ちました。     10時3分横山高校前で降りました。
横山高校から槇尾中学前まで約10分歩きました。
もうすでに何人も並んでいました。 ところが手前の停留所は泉大津行きで槙尾山行きはその向こうの小さなバスでした。
しかし、すでにこの狭い車には先客がいました。10人乗りのバスなのですが10人以上のお客さんが来たらどうするのか心配しました。
その時は槙尾山入口とピストン輸送をするので大丈夫とのことでした。10時40分に出発しました。
10時57分に着きました。ここから山道を上っていきます。山門まで440m(約四町)、本堂まで1q(約十町)
11時4分山門に着きました。
迎え観音様が待っていました。   「今日一日だけでもいい。」「一日ほとけ」「一日観音」「衆生本来 ほとけなり」
                              當山秘伝木由来         ↑
山門の仁王像
傘を差して下りてくる人と会いました。  11時11分五丁に来ました。 だんだん坂も厳しくなってきました。
                       11時20分に二丁まで来ました。           11時24分に一丁に来ました。
11時27分 愛染堂に辿り着きました。
                        青年求道 弘法大師像                   西国愛染明王霊場  
弘法大師御剃髪所跡    ここからこの急な石段を上りました。   
本堂の石段の手前に弘法大師御髪堂がありました。
11時50分 本堂前の広場に着きました。
槙尾山施福寺の本堂
                                           馬頭観音
                           方違大観音
四天王
                           不動明王                                     弘法大師
                            伝教大師
                            弥勒菩薩
                        十一面千手千眼観音
                           文殊菩薩
                                            襖に描かれていました。
薄暗いので撮すのが難しかったです。
弁財天    
観音
十一面千手千眼観音
納経所の方に「御本尊様を撮してもいいですよ。」と言われて戻って撮しました。
本堂の屋根には本降りの雨が当たっていました。 お参りを終えてお弁当を食べましたが、汗が引き寒くなってきました。
                                  境内には、観音様と躍動している馬の像がありました。
西國三十三所観音堂には、西国札所の観音様が勢揃いしていました。
雨が小降りになり、境内からは山々が連なって見えました。
本堂の裏側に回ってみました。
       左 こかてら かうやさん            右 ふし井てら さかい大坂           
12時50分  この坂道を下りていきます。
満願滝弁財天
13時17分   満願寺不動明王
14時14分 バス停には泉大津へ向かう人たちが列を作っていました。
14時25分横山高校前の停留所に来ましたが、15時00分まで待つしかありませんでした。
15時13分にバスが来ました。   15時43分南海/近鉄河内長野駅に着きました。